ようこそおいでくださいました。

ここは

演出 脚本 俳優 として活動する

三浦佑介

のオフィシャルホームページです。

「この頭の奥で、あたしをせかすようにチリチリと鳴る音はきっと”孤独”」

(サルとピストル 『嘘でもいいから恥じらって………紅』より)

「あの日、あたしは、窓辺から夕日を見ていたんだ。

ぼんやりととした時間。

きっとこのまま、あたしはどこにも行けないんだなぁって思いながら、今日も一日が終わるのを眺めていた。」

(ヨミウラ公演 『四谷廻楼』 より)

気がかりな夢から目を覚ますと、少女は醜い毒虫になっていた。

 不思議だったのはさほど驚きもしなかったことだった。」

(コズエヲプロデュース。EX一人芝居公演『少女変身』 より)

「男はいつまでもいつまでもその紙飛行機を眺めたのだった。

何もないというにはあまりに乱雑で、

何かあるというにはあまりにも何もない部屋で、

紙飛行機と自分だけが、確かにそこにあった」

(武藤啓太一人芝居 『四畳半スケイプ』 より)